ペニス増大サプリの返金期間は通販サイトによって大幅に変わる

ペニス増大サプリは通販で買うことが多いものですが、いざ買った後に様々な事情から返金してもらいたくなるときがあります。しかしこの期間については、明確に一律でルールが決まっているわけではありません。販売しているサイト毎に、予め定められているのです。

そのため購入から30日程度の保証が設けられているところもあれば、決済が完了した段階で返金は不可のところもあります。ペニス増大サプリでは効果に個人差があるため、何ヶ月も後になってから効かなかったことを理由に返金を認めていると、とてもではありませんが利益が出ません。このことから返金期間を極めて短い期間にしていたり、最初から認めていないサイトが多いわけです。

ただし購入したペニス増大サプリに開封した痕跡などの怪しい要素があれば、その旨を伝えることで返金されるケースは珍しくありません。その場合もなるべく早くに問い合わせを行い、期間が長引かないようにするのがおすすめです。

クーリングオフ制度は通販の世界にはない

よく勘違いの例として多いのが、ペニス増大サプリでも購入から1週間以内なら確実に返金がされるという思い込みです。これはクーリングオフ制度の基準から起こる誤解なのですが、実はインターネット上の通販ではクーリングオフは適用されません。つまり仮にペニス増大サプリを買った直後であっても、支払いが既に終わっていれば返金されない可能性の方が高いのです。

返品をしたのにお金が戻らないという声が多いのも、これが影響しているのでしょう。しかし販売元は何も間違ったことはしておらず、そもそも返金する義務がありません。購入する側は最初の段階から返金の必要性がないよう、注意深くペニス増大サプリを選ぶことが求められます。

よって期間が1週間という根拠は、一切通販の世界では通用しません。勘違いからトラブルになると自分の方が不利になることもあるため、正しい知識や認識を持って買い物することを強くおすすめします。

まとめ

ペニス増大サプリの返金期間は、予め販売元が設定したルールに基づいて決まります。判らないようなら問い合わせをして、商品ページを隈なく見ることも忘れないでください。

もし非常に小さな読みにくい文字で書かれていたとしても、それを見落としてしまうと購入者側の過失扱いになります。良心的なサイトならそういうこともないでしょうが、重要な文言を見えにくく掲載するサイトは確かに存在するので、クーリングオフ制度への勘違いと共に正しく念入りに確認しておきましょう。