ぺニス増大手術後は痛みを感じることがある

男性型脱毛症やEDやミドル脂臭や多汗症や男性更年期障害やメタボリックシンドロームなど、男性特有の体の悩みはいくつかありますが、最もデリケートで自信喪失やコンプレックスにつながる悩みと言えば下半身のサイズの問題です。
小さくて短くてコンパクトなペニスのせいで、辛い思いを下経験がある男性は多いのではないでしょうか。
そんな男性に勇気や希望や夢や自信をくれるのがぺニス増大手術です。
ヒアルロン酸注入で亀頭のボリュームを増大させる、靭帯を切断して陰茎の長さをアップさせる長茎術などが定番のぺニス増大手術で、包茎手術のついでに受ける男性も急増中です。
ぺニス増大手術自体は麻酔をしてから行うので痛くありませんが、術後は痛みを感じる人もいます。
具体的な症状としては、傷口の炎症や感染症に伴う痛みや腫れや熱感や異物感や違和感などがあります。
このような症状が出るのは珍しいことで、医師の指導を守れば避けられる問題です。

ぺニス増大手術後の痛みを防ぐための対策

ぺニス増大手術後はメスを入れた部分の傷口がまだ塞がっていませんし、細菌侵入による感染症リスクもつきまといます。
トラブルが生じて痛みが出るのを回避したいなら、患部を保護しながらとにかく安静にして自分の体をいたわる生活をすべです。
日常生活において意識すべきことについてですが、辛いたべものやお酒やコーヒーなど刺激が強い飲食物は控えめにして体の中からもケアする、患部に触れるときはハンドソープで丁寧に手を洗い傷口から菌が入らないようにする、心身の疲弊につながる労働やハードな動きを伴うスポーツや力を入れるトレーニングは避ける、患部が圧迫される自転車やバイクにはしばらく乗らないなどがあります。
痛みが出たときのために鎮痛剤が処方されますので、我慢せずに使いましょう。
鎮痛剤では対処できない深刻な問題が発生した場合は、放置せずにすぐにクリニックへ行き医師に具体的な症状を伝えるべきです。
良いクリニックはアフターフォローが万全です。

まとめ

ぺニス増大手術後の痛みの問題は誰しもが抱く不安ですが、カウンセリングの時に痛みが出ないようにするための注意点や過ごし方を教えてくれますし、アフターケアも無料で受けることが出来るので心配することはありません。
術後に痛みが出るのはレアなケースですし、医師から言われた通りに過ごしていればトラブルは回避できます。
安静に過ごさなければならないのは術後1ヶ月くらいですが、3週間が経過した頃から傷口は塞がり徐々に普通の生活が出来るようになります。