カウンセリングではぺニス増大手術後の生活の説明もなされる

治療内容や費用面のことやメリットやデメリットや仕上がりのイメージや使用する薬剤や当日の流れなど、ぺニス増大手術を受ける前のカウンセリングでは色々な説明がなされますが、術後の生活や注意点についてもきちんと説明されます。
男性の悩みに寄り添い理想を形にしてくれるぺニス増大手術は、サイズアップという大きなメリットが得らえる反面、感染症リスクや高額な費用や失敗する可能性などでメリットも伴います。
信頼できるクリニックは、良いことばかりではなくリスクやデメリットにもきちんと触れてくれますし、それを解消させるための方法などもレクチャーしてくれるので安心です。
術後の生活面のことや不安なことやわからないことなどがあれば、カウンセリングの際に相談しておきましょう。
安定した医療サービスを提供し続けている大手のクリニックは、手術前のカウンセリングと手術後のアフターフォローがとにかく丁寧で心強いです。

ぺニス増大手術後の日常生活における注意点

ぺニス増大手術後は安静が昼用で、何も気にせずに普通の生活が出来るまでに要する期間は1ヶ月程度です。
カウンセリングでレクチャーされるぺニス増大手術後の注意点についてですが、入浴は浴槽に浸からずにシャーだけで済ませ患部はいつも清潔な状態に保つ、患部への物理的なダメージを避けるためにしばらくは自転車やバイクに乗らない、激辛料理を食べたりアルコール・カフェインを過剰に摂取したりするのは控えて患部を保護するためのインナーケアも心がける、パートナーとの性行為や自慰行為は術後3~4週間は控える、ハードトレーニングや過度な肉体労働や激しいスポーツはお休みしてとにかく体に負担をかけないなどがあります。
丁寧に説明されますので、気になる点があればその都度質問すべきです。
包帯や塗り薬や万が一痛みが出てしまったときのための痛み止めなども処方されます。
ドクターの指示に従い、患部に刺激を与えないことを第一に考えた生活を送りましょう。

まとめ

ぺニス増大手術は麻酔で麻痺させて行うので、痛みやストレスを感じずにあっという間に終わってしまいます。
むしろ、ぺニス増大手術を受けた後の生活の方が大変かもしれません。
傷口から菌が侵入すれば感染症で患部の炎症が起こりますし、摩擦や圧迫などの物理的なダメージが加われば傷口が開いたり変形したりなどの問題が発生します。
1ヶ月間安静に過ごした先に本当の問題解決と悩み解消が待っていますので、高い意識を持って過ごす必要があります。